Home > スポンサー広告 > 新築住宅の価格は坪単価の他にこんなお金がかかる

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://photoshopbrush.blog39.fc2.com/tb.php/7-04a0b037
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログ

Home > スポンサー広告 > 新築住宅の価格は坪単価の他にこんなお金がかかる

Home > 新築住宅 > 新築住宅の価格は坪単価の他にこんなお金がかかる

新築住宅の価格は坪単価の他にこんなお金がかかる



坪単価という言葉は、住宅購入を考えたことがある人も無い人も、一度は聞いたことがあると思います。

ここの坪単価は80万円、あそこは60万円などと、住宅の購入費用の目安となっています。

しかしこの坪単価はあくまで目安であって、あなたが実際に建てるものによって坪単価は無意味なものとなってくるのです。

まず住宅展示場に行くと、概算で値段を提示してくれます。

その場合、実際に建てる土地の広さや家の大きさも違ってくるので、たいていは坪単価という単位で住宅の値段を計算しています。

坪単価20万円の家よりも40万円の家の方が、一般的には仕様などが高価であるというわけです。

一坪はたたみの2畳分の大きさです。

つまり坪単価とは、たたみ二畳分の空間がいくらの値段で建つのかということを示しています。

けれども、もともと坪単価の計算方法は、新築住宅の工事費用も含めた本体価格を延床面積で割って計算しています。

住宅展示場にあるような、規格タイプの住宅ならば住宅展示場内で比較検討することができますが、注文建築となると、ちょっと違ってきます。

自由設計なら、間取りや外観、内装、設備などすべてを設計士と一緒に考えて検討した結果、初めて躯体工事費などを見積もることができます。

つまり自由設計に関しては、坪単価いくらで建てて欲しいといった漠然とした条件では、見積計算は出来ないことになります。

坪単価は、住宅展示場にある各住宅メーカーの規格型住宅を比較するときには効果的な数字であると言えるでしょう。

さらに、こうした規格型住宅や注文建築の自由設計であっても、配水管や電気線の引き込み工事、水道加入金、さらに外壁などの外装工事には別途お金がかかります。

このほかにも、「新築住宅の登記費用っていくらかかるの?」で記載した登記費用、司法書士への報酬などを考えていくと、坪単価といった価格だけでは、新築住宅の総費用を示すことができないことがわかります。

まずは、新築住宅にいくらの予算をかけるかを決めるのが一番大切です。

そして、予算に合わせてプランを充実させたり削ったりして決めていくことが得策だと言えます。

このように、新築住宅の費用には色々な要素が含まれているのです。

住宅メーカーが提示する坪単価というものは、あくまでも目安で、目を引くための数字であることを記憶に留めておいて購入検討していきましょう。

そうすれば住宅メーカーなどが提示している価格には、実際に何が含まれていて、別途必要なものはどのくらいかかるかを押さえられ、安く見せかけているだけなのかどうなのかが判断することができるようになるでしょう。
関連記事




Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://photoshopbrush.blog39.fc2.com/tb.php/7-04a0b037
Listed below are links to weblogs that reference
新築住宅の価格は坪単価の他にこんなお金がかかる from 住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログ

Home > 新築住宅 > 新築住宅の価格は坪単価の他にこんなお金がかかる

google
おススメ検索
  • 一戸建て 場所(例:大阪、渋谷区)
  • 一戸建て デザイナーズ
  • 一戸建て ランキング
  • の検索↓もしてみて下さい。
  • 一戸建て 査定
  • 中古住宅 査定
  • 土地 査定
  • のキーワードも、購入前に要チェックです。

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。