Home > スポンサー広告 > 中古住宅購入では、このタイミングで涙をのむ人が多いです。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://photoshopbrush.blog39.fc2.com/tb.php/13-978ac5ca
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログ

Home > スポンサー広告 > 中古住宅購入では、このタイミングで涙をのむ人が多いです。

Home > 中古住宅 > 中古住宅購入では、このタイミングで涙をのむ人が多いです。

中古住宅購入では、このタイミングで涙をのむ人が多いです。



今回は中古住宅購入までの一連の流れを記載していきます。

この一連の流れをある程度把握しておくと、中古住宅購入するまでにどんなことが必要になるかがイメージできると思います。

中古住宅購入までのフロー】

中古住宅購入のための予算を決定します。

一番基本的なことですが、予算組みをしっかりやっておかないと、検討する上で大きな時間のロスになってきます。

中古住宅の場合は、特にリフォーム費用の有無と仲介手数料が建物本体価格以外に大きくかかってくると想定できます。

仲介手数料は大体が物件価格の3%になる場合が多いので、例えば中古住宅が3000万円とした場合、仲介手数料

3000万円×0.03=90万円

になります。

リフォームは程度にもよりますが、50万円~150万円くらいが相場というところでしょう。

登録免許税などの税金も別途かかりますが、そのあたりを総予算から差し引いて予算を出してみることをしておきたいところです。

中古住宅の優先条件を決める。

中古住宅購入にあたっては、何を第一優先事項にするかを決めておきます。

第一優先事項としては、場所住所)・広さアクセス築年数がよくある項目です。

不動産に問い合わせ、中古住宅物件の見学をしてみる。

気のあった不動産を探し、一度顔を合わせておくことが良いです。

一度会うことができると、営業マンも少し姿勢を変えてきてくれます(前向きになってくれます)。

土地勘のないところでの物件探しでは、実際に足を運んで見ないと雰囲気まではわかりませんので、できれば現地にいくことをおススメしたいところです。

④希望の物件を見つけ、購入しようと決めたら、不動産に物件の申込を入れます。

ここでの申込とは仮契約のようなもので、「購入の意思があります」という内容のものです。

この申込のところが、一番涙をのむことになるかと思います。

沢山物件見学を何度もおこなう中で、もうほどほどに疲れ果てたころにそれはやってきます。

何度も物件見学をしていると、いつかは「最高の条件の物件にめぐり合えた!!」という瞬間が訪れます。

今までの沢山の物件見学の苦労が報われたぁ~と思いつつ、ここに決めていいよね?といった不安が襲います。

でもそんな不安も数時間もすると、「よし!ここでいい!!」という確信に変わってきます。

そこで不動産に電話し、ぜひお願いします!と申込の旨を伝えると、なんとほんの数時間前に同じ物件に申込を入れた別のお客さんがいたことが発覚…。

あきらめきれませんが、タッチの差で泣いている方は私も含め、一度は経験している方が多いです。

気にいったら即決できる心構えでいれるようにしておくことを強くおススメします。

不動産売買契約手付金の払い込み

無事申込が終わると、本契約になります。

この契約時には、契約に関する一切の説明が行われます。

具体的にわかりにくいところがあれば、都度質問しておきましょう。

口頭での説明に納得したままにならないように、メモか何かに記入しておくことができれば良いです。

不動産にも確認で見てもらい、印鑑などでそのメモの内容に同意をもらえるといいかもしれません。

⑥金融機関への住宅ローンの申込

不動産屋のほうが提携している金融機関の住宅ローンがありますので、まずはそこで仮審査を行ってみましょう。

気になる金融機関があれば、個人的にも仮審査をしてみるのも良いです。

ただし多くの金融機関に仮審査を申し込むのは、住宅ローンを組む上では有利には働きませんので、是非気をつけましょう。

つぎが最後です。

⑦残金の一括支払いと、物件の引渡し

無事住宅ローン本審査が通れば、銀行から融資してもらった住宅購入資金を一括で支払います。

支払い完了と同時に納品(引渡し)になり、これで完了です。

以上は中古住宅購入までの大まかな流れになります。

特に④の申込に関しては、本当にここに書いてある通りになったりしている人が多いです。

住宅という物件ひとつひとつは、その場所に一つしかありませんからね。
関連記事




Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://photoshopbrush.blog39.fc2.com/tb.php/13-978ac5ca
Listed below are links to weblogs that reference
中古住宅購入では、このタイミングで涙をのむ人が多いです。 from 住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログ

Home > 中古住宅 > 中古住宅購入では、このタイミングで涙をのむ人が多いです。

google
おススメ検索
  • 一戸建て 場所(例:大阪、渋谷区)
  • 一戸建て デザイナーズ
  • 一戸建て ランキング
  • の検索↓もしてみて下さい。
  • 一戸建て 査定
  • 中古住宅 査定
  • 土地 査定
  • のキーワードも、購入前に要チェックです。

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。