Home > 中古住宅

中古住宅 Archive

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

中古住宅をローンで買うために知っておきたい6つのポイント



最近の住宅市場は、新築よりも中古のほうがお買い得な風潮に、徐々になってきました。

安くて古い中古物件を購入し、そのあとリノベーションをしてやることで、
特にマンションなどは、見違えるほど素敵になります。

しかも、売りたい人のほうが多くなっているので、狙いめかもしれません。

ただ、新築よりも金額が落ちるとはいえ、なかなか一括購入するのは難しいと言えます。

中古住宅といえど、ほとんどの方は、住宅ローンを組むことになるかと思われます。

そこで、住宅ローンを組むとなった際に抑えておくべきポイントがいくらかあります。

支払い総額に対する支払い年数であったり、優遇金利であったり、固定か変動かであったり。

あとは、頭金をどれくらいに設定するかということも、ローンを組む上で重要な要素になってきます。

簡単に住宅ローンを組む際にチェックしておきたいポイントを、いくつか書いておきます。

1.ローン(借入額)と頭金のバランス
2.月額返済額を長い視野で考える、設定する。
3.ボーナス返済の設定は極力避ける。(ボーナスが出なくなる可能性なんて、いつやってくるかわかりません。)
4.支払い年数をしっかり考える。(定年後の支払いの有無など)
5.金利と借入額のバランス(いくら低金利だとはいえ、額が大きくなると0.1%でも大きく違ってきます)
6.5と同様ですが、返済総額(借入額+金利分)を知っておくこと。目先の金利の低さに踊らされては行けない。

金利の比較等は、インターネット上でも比較サイト等のリンクがありますので、そこから調べてみるのも手です。


その他に、住宅ローンの種類も様々あります。

一般的な銀行や信用金庫、信用組合が扱っている住宅ローンや、フラット35のメイン母体である住宅金融支援機構。
そのほかに、年金住宅融資、財形住宅融資、自治体融資といった公的な融資であったり、ノンバンクと言われる金融機関(楽天銀行新生銀行ソニー銀行SBI銀行など)や、保険会社など、かなりあります。

自営業などを営んでいる方は、融資が年々厳しくなっているようです。

一般的には公的機関であるフラット35の住宅支援機構などが、一般の金融機関よりも金利が若干高めですが、
融資額等は多めに提供してくれる傾向があると思います。


Home > 中古住宅

google
おススメ検索
  • 一戸建て 場所(例:大阪、渋谷区)
  • 一戸建て デザイナーズ
  • 一戸建て ランキング
  • の検索↓もしてみて下さい。
  • 一戸建て 査定
  • 中古住宅 査定
  • 土地 査定
  • のキーワードも、購入前に要チェックです。

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。