Home

住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログ

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

中古住宅をローンで買うために知っておきたい6つのポイント



最近の住宅市場は、新築よりも中古のほうがお買い得な風潮に、徐々になってきました。

安くて古い中古物件を購入し、そのあとリノベーションをしてやることで、
特にマンションなどは、見違えるほど素敵になります。

しかも、売りたい人のほうが多くなっているので、狙いめかもしれません。

ただ、新築よりも金額が落ちるとはいえ、なかなか一括購入するのは難しいと言えます。

中古住宅といえど、ほとんどの方は、住宅ローンを組むことになるかと思われます。

そこで、住宅ローンを組むとなった際に抑えておくべきポイントがいくらかあります。

支払い総額に対する支払い年数であったり、優遇金利であったり、固定か変動かであったり。

あとは、頭金をどれくらいに設定するかということも、ローンを組む上で重要な要素になってきます。

簡単に住宅ローンを組む際にチェックしておきたいポイントを、いくつか書いておきます。

1.ローン(借入額)と頭金のバランス
2.月額返済額を長い視野で考える、設定する。
3.ボーナス返済の設定は極力避ける。(ボーナスが出なくなる可能性なんて、いつやってくるかわかりません。)
4.支払い年数をしっかり考える。(定年後の支払いの有無など)
5.金利と借入額のバランス(いくら低金利だとはいえ、額が大きくなると0.1%でも大きく違ってきます)
6.5と同様ですが、返済総額(借入額+金利分)を知っておくこと。目先の金利の低さに踊らされては行けない。

金利の比較等は、インターネット上でも比較サイト等のリンクがありますので、そこから調べてみるのも手です。


その他に、住宅ローンの種類も様々あります。

一般的な銀行や信用金庫、信用組合が扱っている住宅ローンや、フラット35のメイン母体である住宅金融支援機構。
そのほかに、年金住宅融資、財形住宅融資、自治体融資といった公的な融資であったり、ノンバンクと言われる金融機関(楽天銀行新生銀行ソニー銀行SBI銀行など)や、保険会社など、かなりあります。

自営業などを営んでいる方は、融資が年々厳しくなっているようです。

一般的には公的機関であるフラット35の住宅支援機構などが、一般の金融機関よりも金利が若干高めですが、
融資額等は多めに提供してくれる傾向があると思います。




住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログへようこそ!



【住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログ】へのアクセス、ありがとうございます。

このブログは、住宅購入の際にかかる諸費用や新築・中古・リフォーム、一戸建て、マンションなど住宅購入に関する様々な情報を載せていっています。

ぜひ色々とご参考になってくださいね。


よろしくお願いします。



中古住宅購入では、このタイミングで涙をのむ人が多いです。



今回は中古住宅購入までの一連の流れを記載していきます。

この一連の流れをある程度把握しておくと、中古住宅購入するまでにどんなことが必要になるかがイメージできると思います。

中古住宅購入までのフロー】



新築住宅に必要な登記について



新築住宅の予算のページで、物件価格は総予算の65%くらいに設定しておく必要があると書きました。

残りの35%の費用の中に引越し代や家具証明代など、そのほかにも様々なものがかかります。

その一つに、土地や建物の購入時に必ずついてまわる所有権に関連する、「登記」というものがあります。

登記というのは、不動産である土地や建物の詳細な所在や面積、そしてその不動産の所有者は誰なのかを明確に提示するために行われるものです。

これらはすべて、法務局が行っています。

これらの登記を管理しているものが、登記簿になります。

これまでは登記簿は一般に公開・閲覧されていて、不動産の取引を円滑にできるようになっていました。

しかし最近は、登記簿ではなく、コンピューターで登記記録が管理されています。

法務局に行き依頼すれば、コンピューターの端末から登記事項証明書をすぐに出して見せてもらうことができるようになりましたが、従来のように誰でもが登記記録を自由に閲覧することはできません。

新築住宅の登記は、新築住宅を所有する人の所有権保存登記をします。

新築住宅でも土地を購入するまでは、その土地は違う人のものであったはずなので、購入の際には所有権移転登記をします。

これは、今までの所有者から新しい所有者に所有権が移転しますよという証明書類になります。

もし、購入するのが中古住宅なら、土地だけでなく建物も所有権移転登記が必要になってきます。

新築住宅を購入する場合、民間の金融機関で住宅ローンを組むためには、その金融機関と抵当権設定登記を行わなければなりません。

住宅ローンを完済すれば、今度は抵当権抹消登記が必要になります。

登記をする際には必ず、登録免許税がその都度かかります。

新築住宅を購入する場合には、こうした登記にも必要な予算も考えておかなければなりません。

住宅ローン住宅取得特別控除を受ける場合には、そのほかに登記事項証明書も必要になります。

こうした登記に必要な予算は、いったいいくらくらいかかるのでしょうか?とても重要なところですよね。

次の「新築住宅の登記費用っていくらかかるの?」のページに詳しく記載していきます。

是非ご参照ください。







新築住宅の予算の賢い取り方とは



新築住宅予算というと、予算イコール物件価格と考えている方が多いのでは?と思われます。

色々必要だけど、これから時間をかけてちょっとずつ買い足せばいいから大丈夫だよ!と思いがちですが、ちょっと待ってください。

本当にそれだけで済むのでしょうか?

まず住宅展示場などに行くと、新築住宅の価格の目安として坪単価が示されています。

新築住宅を建てる場合は、何坪の建物を建てるのか計算しますが、当然のことながら、新築住宅予算は建物の予算以外にもかかってきます。

仮に総予算が2000万円だとすると、そのうち新築住宅の価格は65%の1300万円前後と考えておくのが妥当でしょう。

残りの700万円程は、建築業者のカタログなどにはなかなか記載されていない部分ですが、必ず必要な費用となります。

それは、地盤補強工事であったり、配水管を引き込む工事や、家具・照明器具、エアコンや暖房などの空調設備の費用であったりします。

その他にも、カーテンやブラインドがかなり必要になってきます。

もし、照明器具やカーテンなど引越し前に使用していたものを使うにしても、それ以外に地鎮祭や、上棟式の費用それに、近所のあいさつ回りの粗品も必要になってきます。

設計デザイン費用テレビなどのアンテナを設置する費用も必要です。

そもそも引越費用が要ります。

今まで住んでいたマンションや戸建住宅を売却して新築住宅を建てる場合や、自分の土地での建替えの場合には、仮住まい用の賃貸費用(目安として約4ヶ月分。そのほかに敷金や礼金もあります。)も必要になります。

そうなると引越は仮住まいと新築住宅の二回行われることになりますから、引越費用もかさんできます。

近年では、民間の金融機関で住宅ローンを組んで新築住宅を購入する人がほとんどですから、そのための費用はかなり必要です。

例えば、抵当権設定費用や、ローンのための保証料です。登記費用火災保険地震保険にも入らなければローンは組めません。

これらの額をすべて考えに入れて、新築住宅の予算を組まなければなりません。

このように新築住宅の取得には、意外と沢山の費用が購入前から発生するのです。

新築住宅を購入される人の大半は、それまでより部屋数が増えたり、面積が大きくなったりする場合が多いため、今まで住んでいたところ以上の家具や照明、エアコンなどの空調を買い足すことになるでしょう。

住宅ローンを組む際も、住宅ローンの金利だけではなく、保証料という手数料のような費用は現金で前払いすることがほとんどです(物件価格にもよりますが、大体60万円ほど)。

このようなことを意識して新築住宅の予算を組み立てると、無理のない自分の建物の予算どのくらいなのかが把握できるでしょう。





Home

google
おススメ検索
  • 一戸建て 場所(例:大阪、渋谷区)
  • 一戸建て デザイナーズ
  • 一戸建て ランキング
  • の検索↓もしてみて下さい。
  • 一戸建て 査定
  • 中古住宅 査定
  • 土地 査定
  • のキーワードも、購入前に要チェックです。

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。