Home

住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログ

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログへようこそ!



【住宅購入を決断する前に知っておきたい情報ブログ】へのアクセス、ありがとうございます。

このブログは、住宅購入の際にかかる諸費用や新築・中古・リフォーム、一戸建て、マンションなど住宅購入に関する様々な情報を載せていっています。

ぜひ色々とご参考になってくださいね。


よろしくお願いします。



中古住宅購入では、このタイミングで涙をのむ人が多いです。



今回は中古住宅購入までの一連の流れを記載していきます。

この一連の流れをある程度把握しておくと、中古住宅購入するまでにどんなことが必要になるかがイメージできると思います。

中古住宅購入までのフロー】



中古住宅購入前に絶対読んで欲しい、6つの見極めポイント!その⑥



中古住宅購入前に絶対読んで欲しい、6つ見極めポイント!その⑥

今回で6つの見極めポイント最後の記事~その⑥になります。

恐らくこの⑥の「不動産会社担当営業」が一番重要なのではないかと思います。

さっそく見ていきます。




中古住宅購入前に絶対読んで欲しい、6つ見極めポイント!その②~⑤



<後悔しない中古住宅購入の、6つの見極めポイント

今回はその②~⑤までを書いていきます。

思ったよりも記事が長くなりすぎてしまいましたので、いくつかにわけることにします。




新築住宅の価格は坪単価の他にこんなお金がかかる



坪単価という言葉は、住宅購入を考えたことがある人も無い人も、一度は聞いたことがあると思います。

ここの坪単価は80万円、あそこは60万円などと、住宅の購入費用の目安となっています。

しかしこの坪単価はあくまで目安であって、あなたが実際に建てるものによって坪単価は無意味なものとなってくるのです。

まず住宅展示場に行くと、概算で値段を提示してくれます。

その場合、実際に建てる土地の広さや家の大きさも違ってくるので、たいていは坪単価という単位で住宅の値段を計算しています。

坪単価20万円の家よりも40万円の家の方が、一般的には仕様などが高価であるというわけです。

一坪はたたみの2畳分の大きさです。

つまり坪単価とは、たたみ二畳分の空間がいくらの値段で建つのかということを示しています。

けれども、もともと坪単価の計算方法は、新築住宅の工事費用も含めた本体価格を延床面積で割って計算しています。

住宅展示場にあるような、規格タイプの住宅ならば住宅展示場内で比較検討することができますが、注文建築となると、ちょっと違ってきます。

自由設計なら、間取りや外観、内装、設備などすべてを設計士と一緒に考えて検討した結果、初めて躯体工事費などを見積もることができます。

つまり自由設計に関しては、坪単価いくらで建てて欲しいといった漠然とした条件では、見積計算は出来ないことになります。





Home

google
おススメ検索
  • 一戸建て 場所(例:大阪、渋谷区)
  • 一戸建て デザイナーズ
  • 一戸建て ランキング
  • の検索↓もしてみて下さい。
  • 一戸建て 査定
  • 中古住宅 査定
  • 土地 査定
  • のキーワードも、購入前に要チェックです。

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。